DIYと組立てウッドデッキキット

DIYでのウッドデッキ設置を希望する人の増加に対応して、
DIYの未経験者や初心者でもいわばプラモデル感覚でウッドデッキを作れる
「組立てウッドデッキキット」が市販されています。

 

床だけの平台タイプのものだけではなくフェンス付きの本格的なものまで揃っていますし、
それらの多くは、近年はネット通販でも扱われるようになりました。

 

組立てウッドデッキキットのメリットは
「まったくの素人でも本格的なウッドデッキを製作できること」
「組立てにかかわる時間が短いこと」
「工具類が最小限で済むこと」
「カットや穴あけなどが施されていることで失敗や未完成の心配が少ないこと」です。

 

ウッドデッキキットの価格はネットの通販サイトや
エクステリアメーカーのホームページで示されていますが、
使用している木材の種類・木材の量・デザインなどによって違いがあります。

 

エクステリアメーカーによっては違った種類の木材を使用した場合の
価格を準備しているようですから、問い合わせてみてはいかがでしょう。

 

ウッドデッキを設置する場合に一番難しく重要な点は、
基礎作りの際に「地面とデッキが水平になるようにすること」です。

 

そのためには地面がコンクリートでない場合は、
ウッドデッキの脚が土とじかに接触したり傾いたりしないように
束石や平板を脚に履かせることが必要です。

 

キットの場合は束石や平板は含まれていませんので、
地面がコンクリートでないところに設置する際は別途購入の必要があります。

 

組立説明書なども分かりやすいものを提供してくれますので、
組立てウッドデッキキットは価格の問題が解決するのであれば、
DIYでウッドデッキを作る人には好都合な商品といえそうです。